Dedicating a performance to the god / 芸能を奉納すること

田楽 奉納 山田亘 photograph
Dengaku/田楽奉納

I went to see "Takigi-noh" performance in Yamato, Gifu.    "Takigi-noh" is a kind of ritual dedication of noh performance that is supposed to be performed outdoor with the light of firewood.  "Kurusu-Zakura(Kurusu Cherry Tree)" is an original noh performance for this particular Myoken Shrine in Gifu.     "Kurusu-Zakura" performance was exciting but it was  amplified and lighted with technical staff from maybe TV and FM station or something.   I did not like that the sound was altered and the direction of their singing was messed up.   However, the style of movement of their body and music were simply beautiful.  Since We got there in the early afternoon, we could also get to see the dedication of "Dengaku & Shishimai" (dancing and music originally performed at agricultural festivals)  to the god of the shrine.    The Dengaku is not as famous as the "Kurusu-Zakura" but it is simply ritual and beautifully quiet.   It was impressive that almost all children watched the performance very quietly and calmly.    Without explanation and reputation, it seems to be  holy to everyone. (日本語や画像は続きに)

 岐阜大和まで薪能を見に行った。 薪能は能の奉納の一つのスタイルで薪の火を焚いて夕刻から夜に野外で行われる能である。 「くるす桜」という演目は明建神社へ奉納されるこの地でしか上演されないオリジナルの演目。「くるす桜」は大変面白い演目ではあったが、最近は有名になって地元のテレビやFM局とかの手がはいってライトや音響が入ってしまっていた。 昔は勿論肉声のままだったという。 音質も変わってしまうし、特に声や謡のくる方向がおかしくなってしまっているのが大変に残念だった。 とはいえ体の動かし方の型や音楽は単純に美しく、十分に面白かった。特に能管の竹市学さんの笛はすばらしく力強い。竹内学さんは気鋭の邦楽家でオランダやギリシャ公演などにも参加している(下の映像はそのリハーサル風景) 午後早い時間に到着したおかげで田楽(農耕の祭りに踊られるもの)と獅子舞の奉納も見る事ができた。 この田楽は「くるす桜」のように有名にはなっていないけれど、とても単純に(いい意味で)儀式的で美しいほどに静かなものであった。 印象的だったのは子供たちが静かに見守っていることだ。 説明や評判が無くても、誰にとっても神聖なものと見えるのだろう。

Write a comment

Comments: 0

News !

Latest Project

東欧セルビアで写真展「I am Home」を企画・開催します。

2017年8月 セルビア第4の街クラグイェヴァツデ毎年行われている写真祭 FOTORAMAの第7回の関連展として、日本とセルビアの新進写真家達による写真展 " I am Home "を開催します。山田は企画及び作家として出品します。

Ko Yamada curated and participate a photography exhibition "I am Home" with Japanese and Serbian emerging photographers in Aug. 2017. The exhibition takes a part of FOTORAMA FESTIVAL 07 , the 7th annual photography festival in Kuragjevac, Serbia.

2017.3月フランスサンティティエンヌ国際デザインビエンナーレ関連展"Coucou. Je suis revenu"を企画および作品展示を行いました。

Ko Yamada curated and participated a photography exhibition "Coucou. Je suis revenu." in Saint Etienne, France in conjunction with 10e Biennale Internationale Design Saint-Etienne.

あいちトリエンナーレ2016の国際展の出品作家として参加しました。

Ko Yamada appeared as an artist for International exhibition of Aichi Triennale 2016

東欧セルビアで毎年行われている写真祭FOTORAMA FESTIVALでレクチャーと展覧会を行いました。

Ko Yamada participated FOTORAMA FESTIVAL in Serbia for a lecture and photo exhibition in May 2016.

2016年5月末

東欧セルビアで毎年行われている写真祭FOTORAMA FESTIVAL06でレクチャーと展覧会を行いました。

なるへそ新聞社 Naruheso Newspaper

The website of "Naruheso Newspaper" is launched to see  all about the Naruheso Newspaper project Ko has been directing as the creator of the art project.

なるへそ新聞社               Naruheso Newspaper のホームページを開設しました。

山田亘の作品「なるへそ新聞」の最新プロジェクトから過去の数々の新聞プロジェクトまで網羅する新聞作品のサイトがオープンします。 

Art Projects

名古屋  写真家  カメラマン アーティスト 写真 美術 芸術家 アーチスト 写真作家 作家 山田亘 Japanese  Photographer  artist  fine  art  photography Ko Yamada  山田 亘 やまだわたる  contemporary photographer