Sound Projects / サウンド プロジェクト

Installations

Dialogues on Your Absence / きみの不在について

Ko Yamada 山田亘 photography sound mediaselect dialogues on your absence
Statement

2009  Sound Installation    

vinyl pipes, sound system, mic, speaker, cables, school chairs, school desk

 

Only someone else can talk about one’ s absence. 

Wispers of 30 persons tell you about someone they care sinsererly through the 6 separated pipes.  Words are spoken like water drops falling slowly from those faucets. They sometimes speak eloquently, and remain silence for a long time. Only someone else can talk about one’ s absence. We leave our absence to others.

School desk and chair in the center of installation simbolize “absentees”. A book is on the top of the desk that shows pages with sentences lacking most of the contents. It looks like a textbook with full of asterisks. The unreadable words are covered with audio magnetic tapes. A microphone and a tape head are mounted on the desk. They suggest audience that they can express their presences. It is up to the audience if they want to affect someone’ s absence or just listen to those words about someone’ sabsence.

I think you may want to say that a work of art is someone else which talks about

“absence of the artist”

 

 

サウンドインスタレーション 展示作品   

誰かがそこにいないという事は他人によってしか語られないというテーマのインスタレーション。

6つのパイプを通してそれぞれの椅子の上にある口から それぞれにとって大切な人であった誰かについて、ささやくように言葉が語られる。ぽつり、 ぽつり、と水道から水滴がゆっくりとこぼれ落ちるように語られる言葉は 時に雄弁に語り、時に長い沈黙を守る。人の不在は、他人によってしか語られる事はない。 我々は自らがいないことについてを他に委ねているのだ。

中央の椅子と机は学校における「欠席者」を象徴していて、作品の意図を示す言葉だけが雨だれのように残されたページが開かれている。それはさながら大切な事を削り取られた伏字だらけの教科書のような姿をしており、伏字を読み取れるのかもしれない器具というヒントやマイクの存在により、読みとったり、話しかけたりして「いる」ということを表現してもよいという可能性を見る側に開いている。関わろうとするのか、不在についての言葉に耳を傾けて行こうとするのかは、鑑賞者という他人に委ねられており、作品というものもあえて言えば「作家の不在」を物語る他者ということになる。

21st Century Spirits / 二十一世紀精神

"21st Century Spirits"

is a compilation CD album of sound arts curated by artist Mr. Keisuke Oki.

Ko Yamada paticipated to the album with a composit sound work called

"Wispering the Cambodian Border" and cover photography and design.

 

「二十一世紀精神」はアーチスト沖啓介氏キューレーションによるサウンドアートのCDアルバム

                  山田亘はサンプリングによるサウンドコンポジション”Wispering the Cambodian Border"

                  を制作し参加。 また、カバー写真とデザインも手がけている。

Performances

I organized several leader units for sound performance projects. For all units, I created original sound instruments as my art works.  

For Phono-Electus and appendix, we created suits made of magnetic tapes that have recorded conversation. We installed tape heads on our fingers and rubbed each other to play back the broken conversation during the performance.

For No-Go-Aria, I came up with a tube instrument which makes controlled howling noise in the tube. I am interested in how you can generate sounds, rather than constructing convensional instruments. Performances were done with poet, sculptor, digital artist in a manner of improvisation.

Gakki Kouji / 楽器工事 (Instrument Construction)

楽器工事はPipe AurosやElephant nose といったオリジナルの自作楽器等からのサウンドをコンクリートマイクで拾い上げて行う即興的なサウンドと詩の朗読のパフォーマンスユニット。あいちアートの森イベント等各地において、その時々の場所にある物も楽器として演奏していく。 詩人、村田仁とのユニット。

左の写真はあいちアートの森(名古屋市)会場でのパフォーマンス (本展ではサウンドと映像のインスタレーション作品:きみの不在について を発表している)

 

下は名古屋芸術大学におけるパフォーマンス

-------------------------------------------------------------

Phono-electus / フォノ・エレクタス

Phono-electus フォノ・エレクタスは音や声を使ったサウンドパフォーマンスのユニット。山田亘を中心に、その時々の機会に合わせメンバーを入れ替えながら活動を続けている。下のビデオは2009年「soundamentalism」に出演の際のユニット 言葉を話す声が録音されたテーブで全身を包み。指先につけたカセットテープのヘッドでお互いの体を手でふれあう事で会話をしようとする二人の男のパフォーマンス、ビデオは要約版、実際のパフォーマンスは約15分程。 参加メンバー 山田亘、福岡寛之、角尾 昌紀、角尾光子  

他のセッション(Sound and Affect)では詩人、村田 仁も参加している。

Woodpecker's Tweet

高速で振動するWoodpecker(きつつき)stickによるインダストリアルなパーカッションと繰り返される鐘のサウンドにiPadを使ってサンプリングされた様々な人物による音声のつぶやきのシークエンスがミックスされている。

名古屋造形大学 Tanabata-eve Live 2010年7月5日において

名古屋  写真家  カメラマン アーティスト 写真 美術 芸術家 アーチスト 写真作家 作家 contemporary photographer 山田亘 Japanese Photographer artist fine art photography Ko Yamada 山田 亘 やまだこう やまだわたる

News !

Latest Project

東欧セルビアで写真展「I am Home」を企画・開催します。

2017年8月 セルビア第4の街クラグイェヴァツデ毎年行われている写真祭 FOTORAMAの第7回の関連展として、日本とセルビアの新進写真家達による写真展 " I am Home "を開催します。山田は企画及び作家として出品します。

Ko Yamada curated and participate a photography exhibition "I am Home" with Japanese and Serbian emerging photographers in Aug. 2017. The exhibition takes a part of FOTORAMA FESTIVAL 07 , the 7th annual photography festival in Kuragjevac, Serbia.

2017.3月フランスサンティティエンヌ国際デザインビエンナーレ関連展"Coucou. Je suis revenu"を企画および作品展示を行いました。

Ko Yamada curated and participated a photography exhibition "Coucou. Je suis revenu." in Saint Etienne, France in conjunction with 10e Biennale Internationale Design Saint-Etienne.

あいちトリエンナーレ2016の国際展の出品作家として参加しました。

Ko Yamada appeared as an artist for International exhibition of Aichi Triennale 2016

東欧セルビアで毎年行われている写真祭FOTORAMA FESTIVALでレクチャーと展覧会を行いました。

Ko Yamada participated FOTORAMA FESTIVAL in Serbia for a lecture and photo exhibition in May 2016.

2016年5月末

東欧セルビアで毎年行われている写真祭FOTORAMA FESTIVAL06でレクチャーと展覧会を行いました。

なるへそ新聞社 Naruheso Newspaper

The website of "Naruheso Newspaper" is launched to see  all about the Naruheso Newspaper project Ko has been directing as the creator of the art project.

なるへそ新聞社               Naruheso Newspaper のホームページを開設しました。

山田亘の作品「なるへそ新聞」の最新プロジェクトから過去の数々の新聞プロジェクトまで網羅する新聞作品のサイトがオープンします。 

Art Projects

名古屋  写真家  カメラマン アーティスト 写真 美術 芸術家 アーチスト 写真作家 作家 山田亘 Japanese  Photographer  artist  fine  art  photography Ko Yamada  山田 亘 やまだわたる  contemporary photographer