Installation / Media Projects 

●Family of Family / かぞくのかぞく

The work is a playable installation. The Japanese flag object which is made of 8000-9000 Japanese family name stamps. Family name stamps are considered as one’ s signatures in Japan. The red circle part is made of Japanese classic stamp ink paste. Underneath of the case, a hidden sound unit read out those family names like some teachers are taking attendance. You can play with the stamps by chosing and stamping those family names in one house. You can imagine how fun it is if all of you like live together as a family. You can also draw or stamp new houses by yourself. You create a new family consist of families. After you united families in a house, you post the house on the wall to make a big city. Family is not only blood tied. That makes us be glad.

 


---------------------------------------------------------------------------------

Family of Family 

 

There are various people, and various families.

Even in one family, we have several family names.

One family relates to many families.

A family is made of families

 

With good friends, living in the same house.

similar sad feeling

same happy feeling

We are like a family

 

Aming for the same purpose

Fighting each other to defeat

Caring for each other, when we have a hard time

We are like a family

 

Seeing, talking, spending time together

Even under different family names

We are like a family

 

かぞくのかぞく   


いろんな人がいて いろんな家がある
ひとつの家にも いろんな名字があって 
いろんな家がつながっている
かぞくはかぞくがあつまっている     

なかのいい友だちと ひとつ屋根の下 
にたような かなしいきもち

同じような うれしいきもち 
かぞくの ようなものだ

おなじことをめざしている
おたがいに 負けないようにたたかっている
つらいときは おたがいに思いやる
かぞくの ようなものだ

出会って 話して いっしょに時をすごせば  
なまえがちがっていても

かぞくの ようなものだ

(展覧会は愛知県児童総合センター内に設置され、みんなであそぶことができるようになっています。

以下は会場内での説明書きから)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いろんなかぞくの名字(みょうじ)のハンコがあつまって、日本の国旗になっています。
日の丸の部分は朱肉(しゅにく)になっています。
いろんな色のメモブロックが用意してありますので
いえの形のスタンプを使ったり、自分でいえの絵を描いたりして
そこにどんな人たちが一緒に暮らしたらたのしいかなと想像しながら
自分で選んだ名前のハンをいえの中に押して自由にあそんでみてください。
ともだちや 先生や 自分の名前や 知っている人の名前をみつけて 

同じいえの中にハンを押してみます。一緒のかぞくになったみたいで

なんだかちょっとうれしくなったりします
じぶんでいろんな人をあつめたかぞくを作ったら
うしろのかべにはって まちを作ってみませんか?
たくさんの名前が集まった おおきなまちになるといいなと思っています。

(*photos from my exhibition "Nandakaureshii (Somehow, I am glad)" at Aichi Children's Center.)

かぞくのかぞく 遊べるインスタレーション作品 ©Ko Yamada

●Dialogues on Your Absence / きみの不在について

2009  Sound Installation    

vinyl pipes, sound system, mic, speaker, cables, school chairs, school desk

 

Only someone else can talk about one’ s absence. 

Wispers of 30 persons tell you about someone they care sinsererly through the 6 separated pipes.  Words are spoken like water drops falling slowly from those faucets. They sometimes speak eloquently, and remain silence for a long time. Only someone else can talk about one’ s absence. We leave our absence to others.

School desk and chair in the center of installation simbolize “absentees”. A book is on the top of the desk that shows pages with sentences lacking most of the contents. It looks like a textbook with full of asterisks. The unreadable words are covered with audio magnetic tapes. A microphone and a tape head are mounted on the desk. They suggest audience that they can express their presences. It is up to the audience if they want to affect someone’ s absence or just listen to those words about someone’ sabsence.

I think you may want to say that a work of art is someone else which talks about

“absence of the artist”

 

サウンドインスタレーション 展示作品  2009年  

誰かがそこにいないという事は他人によってしか語られないという事をテーマとしたインスタレーション。

6つのパイプを通してそれぞれの椅子の上にある口から それぞれにとって大切な人であった誰かについて、ささやくように言葉が語られる。ぽつり、 ぽつり、と水道から水滴がゆっくりとこぼれ落ちるように語られる言葉は 時に雄弁に語り、時に長い沈黙を守る。人の不在は、他人によってしか語られる事はない。 我々は自らがいないことについてを他に委ねているのだ。

中央の椅子と机は学校における「欠席者」を象徴していて、作品の意図を示す言葉だけが雨だれのように残されたページが開かれている。それはさながら大切な事を削り取られた伏字だらけの教科書のような姿をしており、伏字を読み取れるのかもしれない器具というヒントやマイクの存在により、読みとったり、話しかけたりして「いる」ということを表現してもよいという可能性を見る側に開いている。関わろうとするのか、不在についての言葉に耳を傾けて行こうとするのかは、鑑賞者という他人に委ねられており、作品というものもあえて言えば「作家の不在」を物語る他者ということになる。

 

●Memories of Records / きろくのきおく

■ Room of Self

[自分の部屋]

 

Bookshelf Room with about7000 autobiography books.   The room made of thousands of autobiographies invites viewers to watch their own personal history on media they bring in which are close to extinction.

 

■ 10000years of Forum Press

[フォーラムプレスの1万年]

■Two Faces of Forum Press

[ふたつのフォーラムプレス]

Fictional photography series of the existing magazine covers in a parallel world.

 

■ The Time Whistle from Yesterday

[きのうの時報]


●Showa-Manga (Showa era-Comic strip) / 昭和慢画 (under construction)

Performance unit with the poet, Mr. Jin Murata. 

昭和慢画(慢は漫画の漫ではない)は、詩人、村田 仁氏とのメディアパフォーマンスユニット。

 

●Kotsudendo(Bone Conduction) Radio / 骨伝導ラジオ (under construction)

●Constellating Recollections (book project & performance workshop)              記憶の星座(詩人、村田仁氏との共同プロジェクト)

個人の最も古い記憶についてのインタビューを行い、そのエピソードを記録。

それぞれのお話を神話として書き記し、絵を作る。お話のタイトルになる

「言葉」をその絵にあてがって「言葉の星座」を作っていく。

記憶は遠い過去を実際に参照するのではなく、その場その場で作り上げられていくものであるという認識から、全てを現在の「事」として書き記し、遠い過去の光を今の輝きとしてみることのできる空にまたたく星座のあり方になぞらえていく。「思い出す」行為の価値や記憶のありかたを捉え直す試み

 

アメリカの教科書風に作られた「言葉の星座」のガイドブックは英語と日本語で書かれている。 基本的に何年前の話でも現在形で記述し、今起きている事とし ている。 76年前のエピソードは76光年離れた話として位置づけられ、あくまでも同一の時空間に存在する事として描かれる。

 

マサチューセッツ、マウントホリヨーク大学でのパフォーマンスワークショップでは、この本を教科書としつつ、言葉の星座の自作プラネタリウムによる投影を しながら、村田氏と二人でお話を英語、日本語同時に朗読していくパフォーマンスを行い、終了後に参加者同士組になってお互いの最も古い記憶のエピソードか ら神話を作るワークショプを行った。 出来上がった星座で本の中程にある空欄のページと北天の一部を埋め、お互いの宇宙を完成させてから本を交換し持ち 帰った。

名古屋  写真家  カメラマン アーティスト 写真 美術 芸術家 アーチスト 写真作家 作家 contemporary photographer 山田亘 Japanese Photographer artist fine art photography Ko Yamada 山田 亘 やまだこう やまだわたる

News !

Latest Project

東欧セルビアで写真展「I am Home」を企画・開催します。

2017年8月 セルビア第4の街クラグイェヴァツデ毎年行われている写真祭 FOTORAMAの第7回の関連展として、日本とセルビアの新進写真家達による写真展 " I am Home "を開催します。山田は企画及び作家として出品します。

Ko Yamada curated and participate a photography exhibition "I am Home" with Japanese and Serbian emerging photographers in Aug. 2017. The exhibition takes a part of FOTORAMA FESTIVAL 07 , the 7th annual photography festival in Kuragjevac, Serbia.

2017.3月フランスサンティティエンヌ国際デザインビエンナーレ関連展"Coucou. Je suis revenu"を企画および作品展示を行いました。

Ko Yamada curated and participated a photography exhibition "Coucou. Je suis revenu." in Saint Etienne, France in conjunction with 10e Biennale Internationale Design Saint-Etienne.

あいちトリエンナーレ2016の国際展の出品作家として参加しました。

Ko Yamada appeared as an artist for International exhibition of Aichi Triennale 2016

東欧セルビアで毎年行われている写真祭FOTORAMA FESTIVALでレクチャーと展覧会を行いました。

Ko Yamada participated FOTORAMA FESTIVAL in Serbia for a lecture and photo exhibition in May 2016.

2016年5月末

東欧セルビアで毎年行われている写真祭FOTORAMA FESTIVAL06でレクチャーと展覧会を行いました。

なるへそ新聞社 Naruheso Newspaper

The website of "Naruheso Newspaper" is launched to see  all about the Naruheso Newspaper project Ko has been directing as the creator of the art project.

なるへそ新聞社               Naruheso Newspaper のホームページを開設しました。

山田亘の作品「なるへそ新聞」の最新プロジェクトから過去の数々の新聞プロジェクトまで網羅する新聞作品のサイトがオープンします。 

Art Projects

名古屋  写真家  カメラマン アーティスト 写真 美術 芸術家 アーチスト 写真作家 作家 山田亘 Japanese  Photographer  artist  fine  art  photography Ko Yamada  山田 亘 やまだわたる  contemporary photographer