Is it illegal to take photos on the street? / 路上で写真を撮ると違法なのか?

Nowadays, many of my students asked me the question, "Is it ok to take pictures of people on the street?"  My answer is "yes, it is ok to take photos of people on the street."   Public is too careful about so-called "one's portrait right" because of too much repetition about it on TV media.  However, when they travel in asian country they often take pictures of children and old guys faces on the street. It should originally be a moral issue but they actually care if it is illegal or not.  On the other hand, I always see a lot of images broadcasted on TV that should not have any permission from the person in the video.  For example, when wether forcast report the heat of the day, they usually broadcast the scene of a lot of people sweating and walking on the street.  Some of their faces are recognizable.    I am not going to claim on the fact.   From that, I assume that it is OK to shoot pictures on the street. (At least in Japan)   Here is an interesting article on Gizmodo.  It is already a belief that shooting pictures on the street makes you be a terrorist in the U.S.  Oh, here is more appropriate link, ha. ha.

Watch out and be ready to convince with the police even if there is no legal ground for it when you are  going to travel to the country. 



最 近自分の生徒がよく「道で歩いている人の写真とか撮っても大丈夫なんですか?」と訊いてくる事が多い。僕の答えは「え、いいよ道で歩いてる人の写真撮るく らい」である。みんなあまりにテレビ等のメディアで繰り返される、いわゆる「肖像権」の問題に気を使い過ぎになっている気がする。 アジアとかに旅行する と平気で道の子供の写真やじいさんの写真とか撮ってくるのに日本国内や欧米だと気にしている。 つまりこれは本来モラルの問題であるが、彼らは違法性があ るかどうかを気にしているのだ。 しかしテレビ等でさんざんそういう話は出ているくせに、天気予報の番組内で今日の暑さを語る際によく街を汗をふきふき歩 いている人たちの映像にかぶせたりしている。 顔がわかるようなアップも多い。 沢山の人が写っているし、許可など取っているとも思えない。 僕はこれを 問題にしたいのではなく、ここから見ても道で写真を撮るくらい別にいいのだと推測している。 結局は写った人が何かで目にしてクレームでもつけない限り (そこまで有名な写真にでもならない限り)何も問題は無い。 ギズモード・ジャパンに興味深い記事があった。肖像権に限らず道で写真を撮る事を禁じる法的根拠はなくても、アメリカでは警察や警備の認識として公共の場所で写真を撮る事はテロにつながると考えられているらしい。 旅行の際は覚悟を決めて応対を準備して行こう。 おまけでもう一つよりストレートなリンク(笑)

Write a comment

Comments: 0

News !

Latest Project

東欧セルビアで写真展「I am Home」を企画・開催します。

2017年8月 セルビア第4の街クラグイェヴァツデ毎年行われている写真祭 FOTORAMAの第7回の関連展として、日本とセルビアの新進写真家達による写真展 " I am Home "を開催します。山田は企画及び作家として出品します。

Ko Yamada curated and participate a photography exhibition "I am Home" with Japanese and Serbian emerging photographers in Aug. 2017. The exhibition takes a part of FOTORAMA FESTIVAL 07 , the 7th annual photography festival in Kuragjevac, Serbia.

2017.3月フランスサンティティエンヌ国際デザインビエンナーレ関連展"Coucou. Je suis revenu"を企画および作品展示を行いました。

Ko Yamada curated and participated a photography exhibition "Coucou. Je suis revenu." in Saint Etienne, France in conjunction with 10e Biennale Internationale Design Saint-Etienne.

あいちトリエンナーレ2016の国際展の出品作家として参加しました。

Ko Yamada appeared as an artist for International exhibition of Aichi Triennale 2016

東欧セルビアで毎年行われている写真祭FOTORAMA FESTIVALでレクチャーと展覧会を行いました。

Ko Yamada participated FOTORAMA FESTIVAL in Serbia for a lecture and photo exhibition in May 2016.

2016年5月末

東欧セルビアで毎年行われている写真祭FOTORAMA FESTIVAL06でレクチャーと展覧会を行いました。

なるへそ新聞社 Naruheso Newspaper

The website of "Naruheso Newspaper" is launched to see  all about the Naruheso Newspaper project Ko has been directing as the creator of the art project.

なるへそ新聞社               Naruheso Newspaper のホームページを開設しました。

山田亘の作品「なるへそ新聞」の最新プロジェクトから過去の数々の新聞プロジェクトまで網羅する新聞作品のサイトがオープンします。 

Art Projects

名古屋  写真家  カメラマン アーティスト 写真 美術 芸術家 アーチスト 写真作家 作家 山田亘 Japanese  Photographer  artist  fine  art  photography Ko Yamada  山田 亘 やまだわたる  contemporary photographer