Gazed after Carl Zeiss Planetarium IV / カールツァイス4型プラネタリウム、最期の勇姿

I went to see the special session of the planetarium at Nagoya Science Museum.  Their planetarium projector was installed in 1962 when the science museum was founded.  It has been already 47years from the installation.  It was the best German projector at the time and it is still a great projector.  However, it is time to say good bye to the good old, beloved Carl Zeiss IV since they will have a whole new planetarium (Carl Zeiss new Universarium: http://www.zeiss.de/planetariums )and the new world biggest dorm for it next year.   A lot of planetarium fans stayed for a while even after the show taking pictures of the Zeiss IV.  Most of the audience can look back their childhood with shape and space of the planetarium since it has been here almost 50 years.  We are longing for the projector as we are longing for our good time. 

Since my father used to work as a planetarian at this science museum, his younger colleagues let me take some photographs of projection.  In quiet dorm, it was sentimental experience with  their routine checking procedure.  (more photos on the next page)

 

名古屋市科学館のプラネタリウム特別上映を見に行った。この科学館のプロジェクターは1962年の創立時からのもので、設置されてから47年を数える。 当時のドイツの最高のプラネタリウムプロジェクターであり、今でもすばらしい星空を見せてくれる。しかし今年、この懐かしき愛されたカールツァイスIV型に別れを告げることとなり、来年からは最新のカールツァイス9型(ユニバーサリウム http://www.zeiss.de/planetariums )とそのための世界最大 35m直径のドームに変わる。 

ショウが終わったあとも長い時間沢山のプラネタリウムファン達がドーム内に残ってツァイスIV型の写真を名残を惜しむように撮り続けていた。 半世紀もの間名古屋市民に星空を見せ続けてきたため、多くの観客達はそのプロジェクターの形やドームのスペースで、自分たちの子供時代を振り返る事ができるのだ。プロジェクターの姿を懐かしみながら、われわれは自分たちの良き時代を懐かしんだ。

父が生前この科学館でプラネタリウム解説者として働いていたこともあって、彼の同僚の方々が終了後にプロジェクションをした状態での撮影をさせて下さった。 静かなドームの中、プロジェクションのチェック作業と平行しながらもセンチメンタルな体験だった。(写真は続きに)

Write a comment

Comments: 0

News !

Latest Project

東欧セルビアで写真展「I am Home」を企画・開催します。

2017年8月 セルビア第4の街クラグイェヴァツデ毎年行われている写真祭 FOTORAMAの第7回の関連展として、日本とセルビアの新進写真家達による写真展 " I am Home "を開催します。山田は企画及び作家として出品します。

Ko Yamada curated and participate a photography exhibition "I am Home" with Japanese and Serbian emerging photographers in Aug. 2017. The exhibition takes a part of FOTORAMA FESTIVAL 07 , the 7th annual photography festival in Kuragjevac, Serbia.

2017.3月フランスサンティティエンヌ国際デザインビエンナーレ関連展"Coucou. Je suis revenu"を企画および作品展示を行いました。

Ko Yamada curated and participated a photography exhibition "Coucou. Je suis revenu." in Saint Etienne, France in conjunction with 10e Biennale Internationale Design Saint-Etienne.

あいちトリエンナーレ2016の国際展の出品作家として参加しました。

Ko Yamada appeared as an artist for International exhibition of Aichi Triennale 2016

東欧セルビアで毎年行われている写真祭FOTORAMA FESTIVALでレクチャーと展覧会を行いました。

Ko Yamada participated FOTORAMA FESTIVAL in Serbia for a lecture and photo exhibition in May 2016.

2016年5月末

東欧セルビアで毎年行われている写真祭FOTORAMA FESTIVAL06でレクチャーと展覧会を行いました。

なるへそ新聞社 Naruheso Newspaper

The website of "Naruheso Newspaper" is launched to see  all about the Naruheso Newspaper project Ko has been directing as the creator of the art project.

なるへそ新聞社               Naruheso Newspaper のホームページを開設しました。

山田亘の作品「なるへそ新聞」の最新プロジェクトから過去の数々の新聞プロジェクトまで網羅する新聞作品のサイトがオープンします。 

Art Projects

名古屋  写真家  カメラマン アーティスト 写真 美術 芸術家 アーチスト 写真作家 作家 山田亘 Japanese  Photographer  artist  fine  art  photography Ko Yamada  山田 亘 やまだわたる  contemporary photographer